Home  > 事務局からのお知らせ > 10周年 本丁筋踊り子隊

10周年 本丁筋踊り子隊

2010/07/02(Fri) 01:01

十 本丁筋踊り演舞内容と歌詞

                  振り付け 豊永敏男

踊りの主役>「本丁筋にある大店の若旦那の遊び」

本丁筋の南を流れる鏡川での舟遊び、釣り上げた鮎

昔遊郭のあった玉水町での大盤振る舞いで遊びまわる

若旦那に女房おかんむり・・・というストーリーを演じる


女房に隠れて家を出て行くシーンから始まります。

【第一景】鏡川の舟
「第一節」 舟上・・・・舟にいろんな人が乗っているバンド・船頭・侍・カッパ
「第二節」よさこい節  オーソドックスに踊る
「第三節」釣り師の場  船の上から望遠鏡で川の魚を見る。竿のしなりを確認する
「第四節」釣り人の場  俺の釣った魚がお前のより大きいと自慢

【第二景】鮎と遊び
「第一節」おとり鮎の場 うなぎをつかむ
「第二節」とんぼの場  竹トンボ
「第三節」鮎の場    鮎の姿 鮎の尻尾

【第三景】よさこい節 

【第四景】女房は怖い
「第一節」 遊郭の場 若旦那が遊郭で大盤振る舞いをして遊んでいる様子それを見つけた女房が怒る
           五丁目の新月橋から川面を見ると怒った女房の顔が映っている
           若旦那謝るが、怒られしばかれる。(^^)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


          十 本丁筋歌詞
                 作詞作曲 三谷章一



土佐じゃこそ 土佐じゃ 十六夜(いざ酔い)

土佐はよい国 南を受けて
薩摩おろしが そよそよと


丁々発止と朱の鳴子
三町先まで響かせて
よっちょれよいやと来たならば
本丁筋ぞとおぼしめせぇ

ふらふ振れ振れ 振られて玉水
水は月ノ瀬 瀬には黒鯉

(よいや さのさのさの)
ゆうたちいかんちや(言ってもだめ)おらんく(俺ん家)の池にゃ
潮噴く魚が泳ぎよる

スポンサーサイト

Category:事務局からのお知らせ

comment×  trackback×


▲このページのトップへ