Home  > 2010本丁筋情報 > 十 本丁筋 歌詞解説2

十 本丁筋 歌詞解説2

2010/02/03(Wed) 17:12

CA3F0181.jpg
CA3F0182.jpg


十 本丁筋 歌詞解説2
写真は、
上が、現在の月ノ瀬橋
この辺りで龍馬は泳いでいたはず

下、この道の部分が、昔は堤防だった。
この辺りを龍馬は歩いたに違いない(^^)

//////////////////////////////////////////////////////////////////////
水は月ノ瀬 瀬には黒鯉

(鏡川の流れの瀬で泳ぐ黒鯉、もっとも江戸時代は、川の名前が違っている)

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////
(よいや さのさのさの)合いの手
//////////////////////////////////
ゆうたちいかんちや

(文句を言ってもだめだから)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////
おらんくの池にゃ

(私の家の池には、池とは太平洋の事それだけ大きい事を言いながら酒を飲む)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////
潮噴く魚が泳ぎよる

(鯨が泳ぐほど家の池は大きいんだよ)
///////////////////////////////////////////////////////////////////////

スポンサーサイト

Category:2010本丁筋情報

comment×  trackback×


▲このページのトップへ